Flow

ご依頼の流れ

供養に至るまでの一連の流れを説明

ご遺骨の粉末のご依頼から、実際に供養に至るまでの一連の流れを、分かりやすく順を追ってご案内しています。初めにご遺骨をお送りいただく必要があるため、返送用の段ボールの梱包セットをお送りいたします。尚、ご依頼内容によって、ご遺骨の埋葬許可証のコピーやご依頼主様の免許証のコピーなどのご提示をお願いする場合があり、その際は別途ご案内申し上げます。
お電話・メールフォームにて受付

お電話・メールフォームにて受付

手元供養・散骨葬・永代供養のお申し込みは、まず、お電話・メールフォームにてご連絡いただきます。また、粉骨・納骨位牌・自然葬・位牌堂などについて基本的な質問がある場合は、この時点で何でもざっくばらんにご相談いただけます。墓じまい・事前予約といった、個人的なご事情についても、供養の専門家として丁寧にご案内いたします。「安心」をご提供することが信条です。
粉末にした後のご供養方法をご選択

粉末にした後のご供養方法をご選択

お申し込みいただくご供養の方法をご選択いただきます。粉骨にした後の基本的な供養の仕方は、手元供養・散骨葬・永代供養となりますが、複合的な供養も承るため、実際はご都合に合わせて様々なご要望にご対応しています。また、よくご依頼いただくご供養の内容を例として挙げており、料金表もご用意しているため、供養内容を検討する際にご参考にしていただけます。
お申し込み後に料金を前払いでお振込み

お申し込み後に料金を前払いでお振込み

供養の方法をご選択いただいてお申し込みいただいた後、料金を前払いとしてお振り込みいただいております。尚、お支払いは銀行振込のみとなっています。これまでご依頼いただいた中で、最も多いご供養の方法は、お位牌を二つご用意し、一つを自宅供養用に、もう一つを永代供養用に使用し、残った粉骨をお寺が管理する霊園で散骨して自然葬を行うという新しい供養のかたちです。
ご入金の時点で正式にお引き受け

ご入金の時点で正式にお引き受け

料金のお振込みによりご本人のご意志を確認いたし、ご入金いただいた時点で正式なご依頼として承ります。ご入金は間違いがないようにご注意をお願いいたします。ご入金が遅れる際や、決まった日時でないと振り込めない場合は、その旨事前にご連絡いただけると助かります。また、ご入金する前にご依頼を取りやめることになった場合も、早めにご連絡をお願いいたします。
ご遺骨をご返送いただく梱包箱を送付

ご遺骨をご返送いただく梱包箱を送付

正式にご依頼を受注した際は、まず、粉骨するためにご遺骨を送ってもらう必要があるため、ご返送用の段ボールの梱包セットを先行してお送りいたします。お手元に届いたらその中にご遺骨を入れて梱包し、ご郵送いただきます。大事なご遺骨をお送りいただくため、梱包の仕方等についてご不明点がある場合はその都度ご質問いただき、確実な段取りでお送りいただきます。
粉末にするご遺骨を郵送・お持ち込み

粉末にするご遺骨を郵送・お持ち込み

基本的に専用の梱包箱のご返送にて、粉末にするご遺骨を受け付けていますが、事業所近隣にお住まいの方など、交通条件が許す場合は、直接のご遺骨のお持ち込みも承ります。郵送の方法を整備することで、全国への対応を行っており、自宅供養・自然葬・永代供養などに興味を持ちながらも、近隣にそうした受け入れ体制がないためにお困りの方を、手厚くご支援いたします。
お選びになったご供養の方法に合わせて

お選びになったご供養の方法に合わせて

ご遺骨を無事に受け取った後に供養の心をこめて粉末にし、粉骨をご用意いたします。その後の段取りは、それぞれが選択したご供養の方法に合わせて対応を進めていきます。ご遺骨の粉末にするのは一般の方でもご自身の力量だけで行えますが、心情的にも抵抗があることであり、粒度・洗浄・乾燥の仕方も大切になるため、基本的には当院にお任せいただくことをおすすめいたします。
手元供養・散骨葬・永代供養を段取り

手元供養・散骨葬・永代供養を段取り

粉骨したご遺骨で手元供養・散骨葬・永代供養を行っていきます。手元供養・永代供養は、中に粉骨をご安置できる納骨位牌をご利用いただきます。手元供養をお申し込みいただいたご遺族様には、ご用命いただいた数の納骨位牌をご郵送します。永代供養をお申し込みいただいた場合は、お寺の位牌堂で納骨位牌を合葬します。散骨葬では、お花で彩られた霊園で供養いたします。